家づくりのヒント

家を買うなら、「増税前」と「増税後」はどちらがおトク?

  • 家を建てる
  • 家を買う
  • リフォームする

消費税増税後の減税措置を知っていますか?

いよいよ2019年10月より消費税が8%から10%に増税されます。
増税後によく懸念されるのが自動車と住宅を買うタイミングです。
特に住宅は一番高い買い物。
「いま買わないと損になるから急いで買わないと!」と思いますか?それとも
「2%増税でもそこまで影響はないから、焦らず増税後に買おう!」と思いますか?
消費税の「増税前」と「増税後」の違いをお伝えしますので、これから家を建てようとする方はぜひ参考にしてください!

家を建てる際の「増税前」と「増税後」はどう違うの?

消費税が8%から10%に増額された場合、家を建てる場合の負担がどれくらい増えるのか見ていきましょう!

建物本体価格2,500万円(税抜き)の場合

消費税8%の税額:200万円
消費税10%の税額:250万円

消費税10%になると50万円の負担が増えます。
また消費税増額は、建物本体だけにかかるものではないのです!
地盤改良などの外構工事費や引っ越し費用、また新調する場合の家具家電やカーテンも増税に影響されます。

結果、消費税増税後は80万円ほど負担が増える事になると思われます。

消費税が10%になる2019年10月1日までに家を買えば消費税は8%になるの?

注文住宅と建売住宅、新築マンションでは消費税8%の適用期間が異なります。

注文住宅の場合

引き渡しが消費税10%になる2019年10月1日以降であっても、工務店との請負契約日が2019年3月31日以前であれば、消費税8%となる「経過措置」が適用されます。

建売住宅の場合

増税前の2019年9月30日までに物件の引き渡しが完了していれば、消費税8%が適用されます。2019年10月1日に物件の引き渡しとなれば、消費税10%が適用となってしまいます。

新築マンションの場合

建売住宅と同様に増税前に物件の引き渡しが完了していれば、消費税8%が適用されます。2019年10月1日に物件の引き渡しとなれば、消費税10%が適用となってしまいます。

消費税増税後で家を買うのは不利なの?

増税後は様々な物が値上がりするので、「買い控えよう!」と思う方は多いのではないでしょうか?
そこで政府は、消費税増税に伴い、消費が冷え込まないようにと住宅の購入に伴う減税措置を発表しました。

住宅ローン減税を3年間延長

現在、毎年末の住宅ローン残高の1%を所得税・住民税から10年間控除されています。
消費税増税後は、現行の制度に加え、建物価格の2%の3分の1と毎年末の住宅ローン残高1%を比べ低い額を3年間控除します。

すまい給付金の給付条件の変更、また給付額増額

消費税8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円の給付となっていますが、
消費税10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円の給付となります。

給付額は住宅取得者の取得時に適用される消費税率に応じて設定されています。収入額(都道府県民税の取得割額)によって給付基礎額が決定し、給付基礎額に登記上の持分割合を乗じた額(1,000円未満切り捨て)が給付されます。

まとめ

注文住宅の場合は、工務店との請負契約を2019年3月31日までに締結すれば、消費税増税後でも消費税8%が適用されます。

消費税増税後でも優遇措置があるため、増税後でも家を買うことはマイナスだけではありません。
2,500万円の家を買う場合、消費税10%時の負担額は50万円となります。
外構工事や新調した家具家電等の費用をあわせると80万円ほどになりますが、すまい給付金などの優遇措置を活用すると、10万~20万ぐらいの負担増になると思われます。

これらの情報を知った上で家づくりの計画を進めていくことをおすすめします!
「すでに土地を購入したけど、このまま進めても良いのかな?」
「今から土地を購入しようと思うけど、進めても大丈夫かな?」などお考えの方、
もしくはこれから住宅購入を考えたい方は、「家づくりカウンターsumu」までご相談ください。